私たちの想い

企業理念

良い子に幸せを
お届けする

幸せの鶴となって次世代を担う子どもたちの育成に貢献したい

企業理念

当社は創業以来、『良い子に幸せをお届けする』という経営理念を掲げてまいりました。安心して遊ぶことのできる「おもちゃ」を届けることで、お子様の幸せと発育に貢献できる企業でありたいとの願いからです。この理念は社員ひとりひとりの心に刻みこまれ、今後も変わることのない当社のアイデンティティとなっています。
企業、業界の発展のために当社は変革を続けます。しかし、その挑戦の礎は、受け継いできた経営理念であることに変わりはありません。これからも、お子様の幸せと発育に貢献できる企業を目指して歩み続けてまいります。

「誠実と努力」

長期安定的な成長と、共存共栄を実現させるために、当社はお客様第一という信念に基づき、「誠実と努力」を行動規範として、高品質の商品とサービスをお届けし続けます。

企業理念

代表メッセージ

ご挨拶

お子様の幸せと発育に
貢献できる企業として
歩み続けたい

代表取締役社長
中村 幸一

当社は、玩具の卸問屋として1926年の創業以来、「誠実」と「努力」を大切に発展を続けてまいりました。直営の玩具専門店「仔熊」を1964年に設立。1999年にはぬいぐるみを中心に商品開発を手がける「三英貿易」がグループ会社となり、グループ全体で成長することができる体制を整えることができました。これも「お得意先様」、「メーカー様」をはじめとする多くのステークホルダーの皆様よりのご愛顧とご支援あってのことと感謝しております。

石川玩具のこれからのあるべき姿を社員と共に議論し、「ワクワクを創造するおもちゃ業界の懸け橋になる。」という新たなスローガンを制定しました。玩具問屋としての存在意義を「架け橋」という言葉に込めながら、卸問屋としての更なる価値を高めるために商品の企画・製造・販売をグループで手掛け、ワクワクする気持ちを生み出す会社へと更に進化を続けていきたいと考えております。

今後の玩具業界は大きな変化が予測されます。しかし、私たちは創業当時より引き継いできた「良い子に幸せをお届けする」との理念のもと、大切な子どもたちの笑顔と成長に関われる産業であることに誇りを持ち、これからも時代の変化を恐れることなく「良い子に幸せをお届けする」ことに情熱を注いでまいります。